子供の1日の栄養素を摂取しようとした場合・・・の図、これって超大げさだと思う

アスミールの公式サイトに、

・カルシウム
・ビタミンD
・鉄分
・ビタミンC
・ビタミンB1
・ビタミンB6

の各栄養を、それぞれを一つの食品で摂ったら、それぞれどのくらい食べなければいけないのかを表した表データがあります。

確かに言ってることはわかるんですが、これって大げさだなーって思います。

カルシウムを500mgとるのであれば、イワシ6匹も食べなければいけない、、、そんな感じで書かれていますが、カルシウムっていろんな食品に含まれていると思うし、何もイワシだけ食べなきゃいけないってこともないわけで。

なんで、こういう大げさなバカな表示をするのかなって本気で思いますね。

まあこういう表示に「ああ、そうなのか、これは大変だな」って本気で思ってしまう親もいるのでしょうね、それも結構な数の。

だってイワシを6匹食べたら、カルシウムだけでなく、その他の栄養素も当然豊富に摂れることになるわけだから、そもそも、あういう表現の仕方って異様です。

そう思うのは私だけでしょうか?

せっかく良いものを販売しているんだから、こういう大げさな表現はやめた方が良いのになって思ってしまいました。

まあ目安を知るという意味では効果的なのかもしれないなとは思いますけどね。

ただ、食事だけですべて賄うのは大変なのも事実らしい

前述の「アスミールの効果 最大化への挑戦」というサイト内に栄養学的な観点から1日の食事内容について表にしたデータがありました。

それを見ると、1日の食事としては普通に感じ、且つ、ちゃんとした食事という印象の食事なのですが、それでも主要栄養素は食事からのみで1日の推奨量をクリアーするのは大変だなという印象でした。

よっぽど栄養学と食材に関して専門的な知識があれば別ですが、一般の私のような母親は、まず、食事だけで1日の推奨量を超えるるのは難し過ぎだと思います。

そうなるとやっぱり何らかのサプリメントと摂った方が良いって判断になってしまうんですよね。

成長期は短いので、サプリメントを効果的に利用するのが賢いのかなと思います。

アスミールの効果 期待できるのか・・・

アスミールに関する情報チェックもかなり進んできていて、理解できた部分も多いのですが、反面、今一つ理解しきれてない部分もあります。

理解できていない部分と言うか、何かこうモヤモヤしている部分というか、、、そんな感じが拭えない感じもあるんですよね。

何かっていうと、やはり、アスミールって効果が期待できるのかって部分です。

まあ、それにつきますよね。結局は身長を伸ばすことに効果を実感できるのか、そこが大事ですから。

アスミールの効果はアスミールに求めない!?

アスミールの効果に関し、公式サイト以外にもいろいろなサイトがいろいろなことを言及していますが、私自身がかなり参考になることを指摘しているサイトもありました。

アスミールの効果 最大化への挑戦!

こちらのサイトなのですが、正直、子供の身長を伸ばすということに関しての基本的な考え方を思いっきり変化させてもらえた私にとっての優良サイトです。

確かに、公式サイトの口コミなどを見ても、どの口コミもアスミールを飲みさえすれば背が伸びるって単に希望的観測だけで利用をスタートさせてるような感じばかりです。

前述のサイトを読んでから、「アスミールを飲みさせすれば効果が期待できる」のではなく、「効果を得やすい栄養の理想的な状態をアスミールを利用して実現し継続する」という考え方が大事だと気づいたんです!

アスミールに効果を求めるのではなく、アスミールを親自身が上手く活用して効果は自分で掴み取る、という感覚でしょうか。

ますますアスミールは効果が期待できると確信

前述のサイトさん、すごく詳しくて、なんか、栄養士の先生を一緒に娘さんの身長を伸ばすことに取り組んだみたいで、1年で9cmも伸びたみたいです。

でも確かに、あのようなしっかりした考え方の上に、確実な実行を繰り返していけば、あんなうらやましいレベルの効果も手に出来るのも夢ではないかもなって思っています。

今はアスミール以外の部分で整えるべき栄養素を食事の献立を工夫することで如何に補っていけるのかについて考えるようになっています。

そんなことを考えるようになって改めてアスミールの成分内容を見てみると、やっぱりかなり栄養価高いんだなーって実感しています。

かなり期待が膨らんでいます!

「カゼイン ホスホ ペプチド」と「ビタミンD」と「DHA」

ここまでアスミールについて素人ながら情報をチェックしてきたなかで、アスミールとは

  • カルシウムが豊富
  • カルシウムの吸収力が良い
  • 亜鉛、アルギニン、プラセンタが配合
  • よって成長ホルモンの分泌を促せる

などが特徴なのかなという感想です。

これに加えて、

  • カゼイン ホスホ ペプチド
  • ビタミンD

が配合されていることにより、カルシウム吸収を高める部分も期待してよいみたいです。

この部分の説明を読んだのですが、、、今一つ理解できないです。素人にわかるように書いて欲しいですね、相変わらずって思います(笑)

理解しにくい。

でも、せっかく摂ったカルシウムは吸収されなければ意味がないので、「吸収」の部分にこだわっているというのは物凄く理解できます。

ビタミンDがカルシウム吸収に関わっているらしい

カルシウムの吸収にとてつもなくこだわっている感のあるアスミールですが、さらにビタミンDにより吸収を助けられるみたいです。

なので、アスミールはビタミンDが豊富に配合されているってことなんですね。

説明を読むと、ビタミンDは食事から十分な量を摂取するのは難しいと書かれています。

魚介類、たまご、キノコ類にたくさん含まれているらしいのですが、ビタミンDは多くの人が不足しているみたいですね。

DHAも配合されてる

DHA=ドコサヘキサエン酸、これテレビでたまたま見たことがきっかけでずっと前から覚えていたのですが、このアスミールにも配合されているようです。

学習能力や記憶力を助けるらしく、魚介類に豊富に含まれているようです。

これは身体的な成長とは少し異なるのですが、文武両道と言うか、体だけでなく頭の良さもアップできれば言うことなし、というところですね。

カルシウムの吸収力を高めてあるらしい

アスミールはトリプルカルシウムということで、天然珊瑚素材であるドロマイト、魚の骨を燃焼した魚骨焼成カルシウム、胡麻ミネラルカルシウムの3種の異なるカルシウムを配合しているようです。

カルシウムってリン酸塩と結合して、摂ったはずのカルシウムが体外に排出されてしまうといことは知っていました。

なので、カップ麺や加工食品は極力息子に食べさせないようにして気を付けていました。

アスミールはこの部分に注目していて、3種類のカルシウムが体内にしっかり吸収されるよう、吸収力の部分にこだわった配合を実現しているようです。

が、今一つ明快にユーザーには仕組みが伝わらないです。でも何となく、良さそうだなというはわかります。

マグネシウム

3種類のカルシウムを配合して吸収力を高めたと言っているのですが、よく読むと、結局は、カルシウムを吸収するのに必要なマグネシウムもきっちり配合してあり、結果としてカルシウムの吸収が高まる、、、ってことのように思えるんですよね。

確かに、カルシウムを吸収するのにマグネシウムはは必要なんですよね。

その証拠に、製薬会社のカルシウム剤の成分表を見ると、ほぼ必ずマグネシウムが一緒に含まれていることが多いです。

カルシウムが3種類なんだけど

トリプルカルシウムと謳っている内容としては、結局は、吸収力の高さを期待できる形状のカルシウムを3種類配合した、ということみたいですね。

この3つのカルシウムが相互にさ行作用して吸収力が高まるみたいなことを書いてあるのですが、今一つ、その仕組みについては明快な説明はない感じです。

が良くないのはしっていた。その対策が取られているのは頼もしいし信頼できる

よくわからないけど吸収力が高まるらしい

というわけで、リン酸塩と結合して体外にカルシウムが出て行ってしまうので、それを防止して吸収力を高めようということらしいのですが、理解できたのはマグネシウムを配合して吸収力を高めた、という部分だけでした。

後の部分は、なぜカルシウムの吸収がよくなるのかは素人の私には今一つ明確に理解できるところまではいきませんでした。

でも、高い吸収力を期待できる形状のカルシウムを配合したという部分だけはよく理解できました。

あー、なんか全然まとまりのない文章になってしまった。

成長ホルモンをサポートするのがアスミールだって

アスミールは「ZAPバランス」というのをアピールしています。

これは子供の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌を促す目的で配合されているようです。

井出綾子さんという医師の方が公式サイト上で言及されていますが、いくら十分な栄養をとっても、成長ホルモンの分泌が足りていないと子供の成長は起こりにくいらしいです。

こういう情報って参考になりますよね。あー、やっぱり子供の成長と栄養について書かれた専門家の本を何冊は読むべきだなーって実感しました。

納得いくんですよね、専門家の先生が書いた論理的な内容って。

ZAPパランスとは、まさにその成長ホルモンの分泌を促すのに大切な栄養素の組合せということみたいです。

Zは亜鉛、Aはアルギニン、Pはプラセンタ。

配合量をハッキリさせてくれると尚良いんだけど

ただ、これってそれぞれどのくらい配合されているのかについては書かれていないんですよね。

亜鉛についてはパッケージの裏に成分量が表示されているみたいですけど。

アルギニンとプラセンタの量が十分に含まれているのかが気になるところです。

アルギニンって結構注目されていて、Drセノビルというサプリなどは、1日で5gも摂れるようになっているんですよね。

アスミールはZAPバランスという形でアピールしていますが、アルギニンやプラセンタがどの程度含まれているのかまでは明確にしていないんですね。

なので、このバランスがどんな割合での配合で、効果をしっかり期待できる内容になっているのか、もう少し踏み込んでわかるようにしてくれてあるとうれしいなと思いました。

でも期待したいです。

親が感じる子供の成長に関するお悩みって共感できる

「親が感じる子供の成長に関するお悩み」というパートで、小倉優子さんの画像と共に、以下のお悩みが列挙されていました。

・年齢にしては小柄
・子供の成長が心配
・スポーツを頑張っているので大きくなって欲しい
・成長期での適切な栄養が足りているか不安
・好き嫌いが多く、ご飯をしっかり食べない

確かに、成長期の子供を育てている私のような親にとって、上記5つは、普段から感じていることで共感できます。

まあ、そもそも体が大きくて身長もぐんぐん伸びているような子の親は、アスミールを飲ませてみようかな、なんて考えることはないでしょうから、当然の内容と言えますよね。

特に、参観日で学校に行ったときなど、同じ学年の他の子たちより自分の子供って背が低い方なんだな、なんて目の当たりにした時はショックでしたしね。

でも、逆に言えばそこで気づけてよかったなと思います。

うちの息子の場合は、どちらかと言えば小柄で、やや好き嫌いがあるのが心配です。

ご飯はしっかり食べますが、肉類はどちらかと言えば苦手な感じなんですよね。

アスミール以外のサプリメントも同時に検討しているので、それぞれ含まれている栄養が違うってことはわかっています。

お悩みは似たような感じでも、子供の栄養の状態って人それぞれ異なっていると思うので、誰にでもアスミールが合うってことでもないと思うんですよね。

どうにかそのあたりを見極めたいと思っているんですが、いかんせん、栄養に関する知識が乏し過ぎて(汗)

できるだけ他のサプリと比較しながら、アスミールの良さなんかをチェックしたり、逆に、他のサプリのメリットなどもチェックする姿勢が必要だななんて思うに至りました。

アスミールで補える栄養素

アスミールをスタートするにあたり、最も大事なのはどんな栄養が吸収できるのかというポイントです。

公式サイトには1日に必要な栄養素の不足分を補えます!という表記とともに、それぞれの栄養素が必要量に対しどの程度の割合で補えるのかグラフであらわされています。

ザっと並べてみると、

・カルシウム
・ビタミンD
・鉄
・ビタミンC
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB12
・ビタミンA
・ビタミンE
・ビタミンB6

などが、1杯で必要量の70%以上摂れるようです。

ただ、この割合の中には、牛乳100mlの栄養素も含まれているようです。

まあ、どっちにしても牛乳で混ぜるので、牛乳を含めた数値を出してくれている方がわかりやすいと言えば確かにわかりやすいかもしれませんね。

とても参考になるデータです。

別の記事での触れましたが、アスミールは

・カルシウム
・ビタミンD
・鉄

に関しての栄養機能食品ということなので、カルシウムとビタミンDと鉄に関しては配合量は多目なんだろうと思います。

いずれにしてもサプリメントは便利ですね。お手軽にこれだけの栄養が摂れるわけですし。

口コミを見てみました

公式サイトの口コミを見てみました。公式サイトなんで、概ね、肯定的な内容が多いだろうと思っていましたが、やはりその通りでした。ただ、一部、否定的な感想も掲載されていました。

好き嫌いが多いので栄養補給目的で

子供が好き嫌いが多かったり偏食だったりで、しっかり体の成長が起こってくれるか心配だからアスミールを始めた、というタイプの方が多いのかなと感じました。

確かにすごく心配になります。私の子供も身長が低い方なので、今、こうしてアスミールの情報をチェックしているわけですし。

ただ、栄養補給目的と言っているけど、どんな栄養がどれだけ摂れるからアスミールを選んだ、という内容は見当たらないですね。

もう少しそういう部分の感想を知れたらよかったのになと思いました。

牛乳嫌いでも飲める

これはうれしいというか、とても安心させてもらいました。

うちでも、息子は牛乳がそこまで好きではないので、いざアスミールを始めても継続していけるかがかなり心配になっているんです。

この部分が心配だから、今もまだアスミールの情報をあれこれ調べていると言っても過言ではないです

でも公式サイトの口コミの欄は、牛乳がそこまで好きじゃなくてもアスミールを混ぜれば飲んでいけそうだなという自信を持つことができました。

根拠ない自信だけど、アスミールを実際にスタートするのに一歩近づいた感じがしてます。

シェイクするのが好き

これって何気に大事かもなって思いました。

子供って、大人からは理解できないような部分に好意を抱いているってこと、結構ありますからね。

遊び感覚っていうんでしょうか、飲む前にシェイクして混ぜるという工程が気に入ってるから継続できているというパターンも結構あるんだなって実感できました。

うちの息子はそのパターンになりそうな気がしてます(笑)

半年経つが身長がなかなか伸びない

こういう口コミ、結構大事ですよね。イッティさんとしても、こういう口コミもしっかり掲載しているというのは好感が逆に持てたりもします。

ただ、心配ではありますよね。うちの子供が飲み始めて、同じように成果を感じられないってなったとしたら、やっぱ嫌ですしね。

でも、どんな飲み方をしたとか、全体の栄養バランスがどうだったのかとか、もう少し突っ込んだ情報も得たいなとも感じますね。

ミヤネ屋で取り上げられたって、これって広告じゃないの?

アスミールはテレビ・新聞・WEBなど320媒体に取り上げられたとで、公式サイトにもその様子が書かれています。

でも、これって、どっちかと言えば取り上げられたというより、「広告の枠の一種」みたいな感覚の方が近いんじゃないかなって思うんですがどうなんでしょうか。

別にテレビとか新聞に取り上げられることが良いなんて全く思ってないので、まあどうでも良いって言えばどうでも良い話なのですが、公式サイト内に紹介されている画像を見ると、アスミールの成分自体が注目されたというより、小倉優子さんがイメージキャラクターになったということをワイドショーが伝えているっぽい感じなんですよね。

それって、アスミールを自分の子供に飲ませようかって真剣に検討している親からすると、正直、どうでも良いことだし、わざわざそんなこと公式サイト上でアピールすることでもないでしょ、って思っちゃったりしますね。

アスミールに含まれている成分とか、栄養の配合量とかそういう本質的な部分で注目されたことをアピールしてくれると、私たち親としても安心材料になるんですけどね。

そういう意味で、320の媒体でうんぬんっていうのは、正直、どうでも良いことかなと思います。

まあ、注目されるってことは決して悪いことではないですけどね。

その分、責任も伴うってことでもあるので。

そういう意味では、イッティさんはアスミールの品質には絶対的な自信を持っている、という捉え方をすることもできるのかなとも思います。

栄養機能食品・国内製造原料使用・合成保存料着色料甘味料不使用だって

アスミールの公式サイトを上から下までくまなく見ていると、栄養機能食品であり、国内製造の原料だけを使用していて、さらに、合成保存料・着色料・甘味料が一切使われていないってことが書いてあります。

これって大事なことですよね。

大人が飲むならまだしも、これから長い人生を送っていく子供たちが成長期という大事な時期に飲むものですから。

子供向けの栄養補助食品は、これらのことに気を配っている場合がほとんどですが、しっかりアピールされているのは、やはり安心できますよね。

アスミールは栄養機能食品

アスミールはカルシウム、ビタミンD、鉄に関しての栄養機能食品になっています。

それぞれかなりの量が配合されていて、1日当たりの摂取目安量の大して、それぞれ70%以上をカバーできるようになっているみたいです。

国内製造の原料だけを使用

これも明確に謳われているので安心できるポイントだなって思います。

日本ってなんだかんだいっても、いろんな面で信頼度の高い国だと思います。

汚染された土壌や水で、その悪影響を受けながら栽培される食材を使って作られたものを子供に飲ませるわけにはいきませんしね。

海外の食品の場合、日本で作られたものに比べて信頼できないものって多いですので。

日本国内で造られた原料だけを使っているのは、とても安心できるポイントだなと思います。

合成保存料・着色料・甘味料不使用

これも同様に確認しておきたいものですよね。

子供向けの補助食品では、まあ当たり前と言えば当たり前なポイントですが、前述の国内製造の原料だけを使っている点と並んで、絶対押さえておいて欲しい要素です。

牛乳そこまで好きじゃない、飲んでくれるかな・・・不安

アスミールを始めようかなって考えている中で不安だと感じるのは、果たして子供がしっかり飲み続けてくれるかな、というポイントです。

特に牛乳に混ぜて飲むスタイルなので、牛乳を飲みたくないと言い出してしまったら元も子もないですしね。

うちの子供は、今のところは普通に牛乳を飲んでますが、特に好きってわけではない感じなんですよね。

今日は牛乳飲みたくないって言いだす日も実際にありますしね。

まあ時々であれば何の問題もないんですが、突然、牛乳飲むのが苦手になってきた、みたいなパターンになってしまったら困っちゃうんですよね。

牛乳に混ぜて飲む代表的なものにミロがありますが、ミロは結構飲んでくれるんですよね。しっかり甘みがのっているし、コーヒー牛乳みたいに濃厚な美味しさが広がるので、牛乳だけの時より全然好んで飲む感じです。

むしろ、ミロが入ってるから飲む、みたいな感じ。

アスミールの口コミを見ると、ミロほどそこまで甘くないみたいなんですよね。

甘さが強くない=カロリーが抑えられてる

まあ確かに1杯分のカロリーを見てみても明らかなのですが、アスミールってカロリーがものすごく低く仕上がってるんですよね。

それってかなり凄いことだなーって感心してしまうんですが、反面、子供が好きそうな味・美味しさを削ぎ落してるともいえるわけでして。

そうなると、ミロみたいに美味しくない、なんて言い出したら嫌だなというのが不安材料だったりします。

でも、そうなったらそうなったでミロを少し混ぜて、味を調節したりするのも方法の一つだな、なんて今は思っています。

まあこればっかりはわかりませんからね。

子供って、ついこの間まで好きだった食べ物を、いきなり嫌いになって食べなくなったりってことが普通に起こりますしね。

成長に伴って味覚なども変化したり、物の感じ方も変わっていったりするのでしょうがないと思っていますが。

アスミール、始めたからにはずっと飲み続けて欲しいなと思っているので、ミロなど味を変化させられる切り札をもう少し確保できると良いなと思っています。

イメージキャラクターが小倉優子さんに!

アスミールは有名人をイメージキャラクターにしています。そもそもイッティさんで扱っている商品自体、芸能人がプロデュースしたものが多かったりします。

以前は、アスミールのイメージキャラクターはバレーボール女子元日本代表の菅山かおるさんでした。

菅山かおるさんは2人のお子さんがいて、アスミールを飲ませているらしいです。

今回、菅山かおるさんからゆうこりんこと小倉優子さんにかわったのですが、小倉さんにも同じくお子さんが2人おられます。

2人目のお子さんはまだ小さいようなので飲んでないようですが、上のお子さんはアスミールを飲んでいるみたいです。

菅山さんも小倉さんもお子さんがいて、そのお子さんがアスミールを日常的に飲んでいる、ということであれば、やはり一般ユーザーである私としては結構安心感を感じることができたりするんですよね。

こういうのって結構大事だと思います。

だって、アスミールって有名な製薬会社や食品会社が販売しているわけではないですしね。言ってみれば、一般的にはあまり認知度の高くない会社なわけです。

でも、子供向けの栄養補助食品をネットで探していくと、アスミールってそれなりに知名度が高いんだなって、何とかなく肌で感じます。

でもやっぱりネット中心の知名度なので、大丈夫かなって不安に思う部分がないかって言ったら、正直、不安な気持ちはありました。

でも、菅山さんや小倉さんなどの子供を育てている著名人が、ママの立場で推奨していて、実際に自分の子供の飲ませてます、ってことであれば、すごく安心できるんですよね。

やっぱり子供を育てていて、自分の子供にもアスミールを飲ませています、という形でアピールされると、同じ子供を育てる親としては共感できる部分がありますしね。

単に広告塔としてパッケージに出ているという形ではなく、実際に自分の子供に飲ませている、というスタンスのイメージキャラクターなので、私としてはとっても安心できる材料になってくれました。